・美しい自然の中で日向夏は生まれます

日南市宮浦


宮崎県の観光名所日南市です。エメラルドグリーンの素敵な浜辺から遠くに、宮浦地区が見えます。

サンメッセ日南


浜辺から山の方を見て左の方へ車で5分の所に、サンメッセ日南があります(モアイ像 7体)

サボテンハーブ園


浜辺から山の方を見て右の方へ車で5分の所に、サボテンハーブ園があります(サボテン130万本)

農園のある地域


浜辺から山に向かって20分の所に、日向夏やポンカンを作っている農園があります。宮浦の山では桜が満開でした。

根木さん親子


美味しい日向夏をぽんかんを作る根木さん親子です。左からお父さんお母さん息子さんです。

 

当店で販売する特上のランクは定期的に「試食」を行い、常に美味しいものを作る生産者と、決めてます。その最たる生産者の
ひとりをご紹介致します。
美味しい日向夏とポンカンを作る名人の根木さん親子です。
日向夏は見た目は同じでも、作り手のこだわりで、味ははっきりと違ってきます。
新聞で紹介されました。

2002年03月08日撮影

 

・美味しい日向夏を作ってます

露地日向夏 1

日向夏の実にひとつひとつ丁寧に袋を掛けて大切に育てます。とても、手の掛かる作業です。

露地日向夏 2

袋を外すと元気に大きく育った、日向夏が顔を見せてくれました。出荷はもうすぐです。

こだわりの土

徹底して土にこだわっています。ぬか・油かす・魚かすにEM菌を混ぜて上質の土を作っています。

四倍体夏柑(甘夏) 1

四倍体夏柑(甘夏) 2

四倍体夏柑 3

袋を掛けていない甘夏は受粉用の四倍体夏柑です。この花粉を日向夏に受粉させると少核日向夏が誕生します。
昭和59年、宮崎県は染色体が倍化した「四倍体夏柑」が神奈川県に1本存在する情報を入手します。
その後、穂木を入手した宮崎県は2年の基礎試験、清武町比江ヶ久保団地で4年の実用試験を行いました。
そして、日南市「宮浦ポンカン生産組合」の日向夏団地でこの技術を導入して実用化されました。現在「宮浦ポンカン生産組合」組合長の根木昭紀さんも、チャーターメンバーのひとりです。少核日向夏のブランドで販売したところ人気となり、生産は各地に広がりました。

ポンカン 1

ポンカン 2

防護柵

根木さんは、ポンカンの名人でもあります。「ポンカン1」は普通のポンカンの木です。その高さは、3m50cm~4m以上にもなり、高いところに実るポンカンの収穫には、危険を伴います。そこで根木さんは、「ポンカン2」の様な、低い木で美味しいポンカンが出来ないか研究をしています。農園では、猪などから果物を守る為に「防護柵」設置してます。

2002年03月08日撮影

 

・ハウスでは日向夏の花が満開でした

 


浜辺から10分位の所にあるハウスの中では、もう日向夏の花が満開でした。


明日、開花する日向夏のつぼみです。今年は暖かいので、開花時期が10日程早くなってます。


今日、開花した日向夏の花です。 小さな白い花びらからほんのりと日向夏の香りがしました。


数え切れない程の花にひとつひとつ丁寧に受粉が行われます。画像をクリックすると夏柑の粉が見れます。


受粉した花は、めしべが黄色くなっていることが分かります。理科で習いましたね。


数日前に受粉をした花です。来年の1月には大きな日向夏の実に育ちます。

2002年04月26日撮影