美味しい完熟マンゴー

宮崎県日向市内にあるマンゴーハウスの完熟マンゴーの栽培を紹介致します。

ひゅうが農園と親子三代でお付き合いをさせて頂いてます。

完熟マンゴーは、1970年代に鹿児島県でのビニールハウスの栽培が始まりと言われてます。
1980年代に沖縄県、1990年代に宮崎県でハウスの栽培が始まりました。

マンゴーはウルシ科の常緑潅木でインド又は東南アジア原産と言われてます(7月15日はマンゴ-の日)
宮崎県で栽培される完熟マンゴーはアーウィン種で、一般にアップルマンゴーと呼ばれてます。

宮崎県の生産量は、沖縄県に次ぐ第2位(2004年:190戸 550t)で、生産者は毎年増え続けています。
また、JA宮崎経済連は「色や形が良く、糖度15度以上、重さ350g」の基準を満たす完熟マンゴーを
「太陽のタマゴ」のブランドで出荷してます。

宮崎県は2005年からマンゴー王国産地確立事業(五ヶ年研究)をスタートして、5年後の生産量を約2倍
の1000トンを目指しています。

食べたら完熟マンゴーを育てよう

 

マンゴー 2月

ハウス

開花の時期には、ハウスの中の温度は、昼は30度、夜が25度に保たれています。

マンゴーの花

開花したマンゴーの木です。沢山の小さな花が咲きます。

蜜蜂の巣箱

受粉には、蜂が大活躍します。1つのハウスに約2万匹の蜜蜂が入っています。

発育1

受粉直後のマンゴーの花です。

発育2

大豆の大きさに育ったマンゴーの実が確認出来ます。

発育3

マンゴーはこの大きさになると、ぐんぐんと大きく育ちます。

2002年2月14日撮影

マンゴー 3月

 

ハウス

2月のハウスでは何が実るのか分からなかった風景も、実が育つと雰囲気は常夏の果樹園です。

マンゴーの実

大きいもので長さが10cm以上、重さは300gになり今年も順調に育っています。

有機栽培

わらを敷くのは保温効果の他に、バクテリアが分解して腐植土を作りアミノ酸を作ってくれます。

種有

種の有る方が大きく育ちます。種の有無は、下の方の三角形のくぼみで見分けます。

種無

形が丸いくぼみの無い種無しは大きくなりません。でも、種が無い分食べ易く、味も濃厚です。

比較

種有りと種無しをカットするとこの様にはっきり分かります。

2002年3月20日撮影

マンゴー 4月 

ハウス

ハウスの中は、マンゴー独特の甘い香りでいっぱいでした。

マンゴーの実

先月撮影したマンゴーです。一回りも大きく育ってました。そろそろ出荷出来そうです。

去年の種から

昨年の夏、黒木さんがマンゴーを食べた後に種を植えました。すくすく育った1年生です。

ミニマンゴー1

市場に出回ることの少ないミニマンゴーです。種が無いので食べ易いと評判です。

ミニマンゴー2

市場に出回ることの少ないミニマンゴーです。種が無いので食べ易いと評判です。

パイナップル

ハウスの隅で見つけました。黒木さんが試し植えたパイナップルが実をつけていました。

2002年4月17日撮影

マンゴー 5月

ハウス

雨の日の撮影になり、全体的に暗い感じがしますが、ハウスの中は、あったかくて甘い香りでいっぱいです。

落ちる前

もうすぐ最盛期になります。南国のフルーツなのに、夏が来る前にほとんど終わるのが不思議ですね。

完熟マンゴー

真中のマンゴーが落ちたばかりの完熟マンゴーです。実が熟すと自ら落ちます。蜜が流れてるのが見えますか?

2002年5月30日撮影

マンゴー 6月7月

6月のハウス

収穫を終えたハウスです。

7月のハウス

枝払いをして来年に備えます。

2002年 6月22日 7月3日 撮影